近頃よく聞かれる感じのものが、「豊かなシルバーライフ」という言葉です。

「豊かなシルバーライフ」とはどんなライフのようなことをいうのでしょうか?
シルバーのお金にゆとりがあるようなことでしょうか?子どもや孫と楽しく一緒に暮らすようなことでしょうか?
確かにお金に余裕があったなら、それなりに色々と楽しめると思われますし、子ども達と賑やかに過ごす感じのことも豊かなシルバーライフだと思われます。

豊かなシルバーライフとは、人それぞれの価値観で違いがあると思われますが、共通して言えるというようなことは、心が豊かである感じのことが大事のような気がするのです。

近頃では孤独死という感じの言葉をニュースなどでよく目にするのです。

子どもがいても遠くに住んでいたり、子どもに自分の面倒をかけたくないというようなことで遠慮していたりとかで老齢者の一人暮らしという感じのものがけっこういるんです。

周りの方との交流があるような方は、さほど孤独を感じる感じのこともないと考えるんですが、都会のケースだとそういう感じのことも少なくなるみたいです。

それが孤独死という感じの形となるのでしょうが、かなり切なくなります。

子どもが一緒に暮らそうと言ってくれても、実際になかなか踏み切れないという感じの方もいるそうです。

やっぱり子どもに面倒はかけられないという思いがあってのようなことだと考えるんですが、子どもがそう言ってくれるのなら、実際、甘えてみるのもいいだろうと思います。

子どもからすれば、親の孤独死という感じのものが悲しいと考えるんです。

子どもに申し訳ないという感じの思いがあるのなら、孫の面倒を見たり、あるいは、家事も手伝ったりすればいいんです。

子どもと孫と一緒に住みたいというような思いがあるなら、甘えてみるのも、お互いにとって豊かで幸福なことなのと思います。
[PR]
# by erinans | 2010-03-15 19:15
シルバーは外国でセカンド生活を楽しみたい!!という感じの夢を持っておられる方はけっこういるだろうと思います。

外国でのびのび生活は憧れます。

日本とまったく違った環境でのライフは、刺激的で日々が新鮮な思いで過ごせそうです。

実際に定年後は外国で過ごされている方も、実際、けっこういて、セカンド生活を思いっきり楽しまれているみたいです。

比較的安全で、日本語も通じて、ライフしやすい国といえば何処でしょうか?
☆マレーシア☆
マレーシアは、実際、オススメです!
色々とマレーシアのようなことを調べているとかなり日本人が住みやすい環境である感じのことが分かりました。

マレーシアに関しては日本人も比較的かなり多く住んでおり、治安もよいそうです。

マレーシアのクアラルンプールに関しては日本語が通じる病院もきちんと数ヵ所あり、医療水準もかなり高く先進国並みだといわれています。

医療水準もかなり高く日本語も通じれば安心です。

スーパー等のショップにも日本の食品が沢山そろっていますので、日本食はいつでもちゃんと食べられます。

外国だと日本食が恋しくなるので、ショップに沢山日本の食品が並んでいると嬉しいです。

しかし、日本の食品に関しては輸送料がかかりますので、実際、日本の価格より高いです。

マレーシアは物価が日本のだいたい三分の一と安いので、上手にマレーシアの食品をきちんと取り入れれば食費もそんなにかからないと思われます。

気候のほうも年間を通して比較的暖かいので、老齢者にとって大変過ごしやすいだろうと思います。

交通機関も発達していますので困るというようなことはないと思われます。

☆楽しいシルバーライフを外国でという方へ☆
いきなりの外国ライフというのはやっぱり不安不安だと思われますので、とにかくロングステイでマレーシアのライフを体験してみて下さい!
ロングステイで90日間体験してみて、マレーシアでのライフが気に入ったら、最長10年滞在が可能の「ビザ」を取ればもっと長く外国ライフを楽しめます。

外国で刺激的な日々を過ごせば、より元気に過ごせるように、実際、思います。
[PR]
# by erinans | 2010-03-15 19:13
公的国民年金は、いったいいくら貰えるのか?その額でライフができるのか?
実際どうなのか理解している若いような人ってなかなかいないように思うんです。

国民年金のようなことを詳しく理解するようなことで色々とシルバーお金のためのライフ設計がよりリアルにできるだろうと思います。

シルバーのライフ費が不安な方のために、国民年金基金という制度に関して調べてみました。

自営業の方や農林漁業従事者、自由業、あるいは、無職等の方は「第1号被保険者」なんですが、40年間も加入しても、月に貰える額に関しては6万ちょっとです。

六万ちょっとだとライフしていけるのか不安です。

すでに、実際、給付されている方の話を聞くと、公的国民年金だけではライフできないと話されていました。

会社員や公務員の方のケースは「厚生国民年金」がありますが、第1号被保険者のケースは、貰える額というのは6万ちょっとなのでライフができるのか不安です。

その不安を取り除く感じのために「国民年金基金」という「上乗せ国民年金制度」があります。

「第1号被保険者」の方は、シルバーのライフのようなことを考えて、この「国民年金基金」に加入しておいたほうがいいと思われます。

この制度に加入していれば3万くらいは貰えるみたいですので、国民年金と合わせると約9万円給付されます。

しかし、シルバーのライフをより豊かなゆとりのあるというようなものにする感じのために関しては、貯蓄しておくことが必須です。

みなさんは、シルバーのためのお金は貯蓄できていますか?
「まだまだ若いからシルバーのことなんて...」という考えは捨てましょう。

若いうちからしっかりとライフ設計は立てておく感じのことが大事です。

シルバーのライフを豊かなというようなものにする感じのために、様々な制度があるようなことを把握してシルバーのライフ設計をしておきましょう!
[PR]
# by erinans | 2010-03-15 19:12